日米首脳“親睦ゴルフ”に駆り出される松山英樹の政治意識

公開日:

 ファンも複雑な心境だろう。

 松山英樹(25)が、11月に行われるドナルド・トランプ大統領(71)と安倍晋三首相(63)の首脳会談直前の親睦ゴルフのホストを務めることが明らかになった。コースは、東京五輪の会場となる霞ケ関カンツリー倶楽部(埼玉・川越市)に内定したという。

 両首脳は今年2月にも、ホワイトハウスでの会談を終えた後に、同大統領が所有するフロリダのゴルフ場2カ所で27ホールをプレー。最初のゴルフ場では大統領の知人であるメジャー4勝のE・エルス(南アフリカ)が同伴して話題になった。

 ゴルフ好きの安倍首相のことだ。「自国での親睦ゴルフならホストは日本を代表する松山プロしかいない」と考えたとしても不思議ではない。日本政府が殺し文句として「大事な外交のためです。両首脳と一緒にゴルフをお願いしたい」と言ったかどうかは定かではないが、打診を受けていた松山がOKしたことは間違いないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る