日米首脳“親睦ゴルフ”に駆り出される松山英樹の政治意識

公開日: 更新日:

 ファンも複雑な心境だろう。

 松山英樹(25)が、11月に行われるドナルド・トランプ大統領(71)と安倍晋三首相(63)の首脳会談直前の親睦ゴルフのホストを務めることが明らかになった。コースは、東京五輪の会場となる霞ケ関カンツリー倶楽部(埼玉・川越市)に内定したという。

 両首脳は今年2月にも、ホワイトハウスでの会談を終えた後に、同大統領が所有するフロリダのゴルフ場2カ所で27ホールをプレー。最初のゴルフ場では大統領の知人であるメジャー4勝のE・エルス(南アフリカ)が同伴して話題になった。

 ゴルフ好きの安倍首相のことだ。「自国での親睦ゴルフならホストは日本を代表する松山プロしかいない」と考えたとしても不思議ではない。日本政府が殺し文句として「大事な外交のためです。両首脳と一緒にゴルフをお願いしたい」と言ったかどうかは定かではないが、打診を受けていた松山がOKしたことは間違いないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る