予選通過も危うく…石川遼には“信頼できるコーチ”が必要

公開日: 更新日:

【マイナビABCチャンピオンシップ】

「米ツアーではダメだったけど、国内に戻ってくれば……」

 そう願っているファンは今回も裏切られるかもしれない。

 2013年から本格参戦していた米ツアーのシード権を失い、国内ツアー復帰3戦目は5年ぶりのホスト大会。だが、初日は1オーバー、63位と出遅れた。

「このゴルフの状態だと、何に自信を持てばいいのかわからないので、自分なりに一生懸命向き合ってやっていくだけですし、そういう意味では変わらないかなという感じですかね。でも、先週と比べると手応えを感じるショットはあるし、それをいかに精度を高くやれるかということだと思います」

 こう語った石川だが、それにしても今年の成績はヒドイ。米ツアー20試合でトップ10入り1回(10位タイ)。予選落ちは12回もあり、5月のウェルズ・ファーゴ選手権から7月のカナディアン・オープンまでは6試合連続で決勝ラウンドへ進めなかった。米ツアーの「入れ替え戦(4試合)」でも結果を残せず、国内ツアーに復帰すると日本オープン、ブリヂストン・オープンと連続予選落ち。この日も含めて計5ラウンドでアンダーパーが一度もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る