• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クリンスマン「99%ない」で浮上 田嶋会長“意中の日本人”

 4年に1度の風物詩と言えば……「日本サッカー代表監督人事のドタバタ悲喜劇」である。

 日本代表は1998年のフランス大会以来、ロシア大会までW杯に6大会連続出場を果たした。 その中で決勝トーナメントに駒を進めたのは2002年日韓大会、10年南ア大会、そして今回のロシア大会で3回目。すべて決勝T1回戦で姿を消しているが、今回のロシア大会は、前半3分に10人になったコロンビア相手に1勝止まり。それを頬かむりするスポーツマスコミは、いまだに1次リーグ突破を「快進撃」と持ち上げ、日本サッカー協会(JFA)は、西野ジャパンのロシアでの戦いを総括しないまま、次期監督の選定でスッタモンダを繰り返している。

「W杯のたびに同じ愚を犯しているというしかありません。今のJFAがすべきことは、前回ブラジルW杯が1分け2敗に終わり、アギーレ元監督をはさんでハリルホジッチ監督に任せて日本サッカーはレベルアップしたのか。どんな理由で解任して西野監督に委ねたのか、本大会でのパフォーマンスはどう評価するのか、日本サッカーにプラスに働いたのか、などを分析した上で今後の日本サッカーを任せる監督には、どういうタイプの指導者を選ぶのがベストなのか、など熟考した上で次期監督の選定作業を進めるべきです」(ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る