• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クリンスマン「99%ない」で浮上 田嶋会長“意中の日本人”

 4年に1度の風物詩と言えば……「日本サッカー代表監督人事のドタバタ悲喜劇」である。

 日本代表は1998年のフランス大会以来、ロシア大会までW杯に6大会連続出場を果たした。 その中で決勝トーナメントに駒を進めたのは2002年日韓大会、10年南ア大会、そして今回のロシア大会で3回目。すべて決勝T1回戦で姿を消しているが、今回のロシア大会は、前半3分に10人になったコロンビア相手に1勝止まり。それを頬かむりするスポーツマスコミは、いまだに1次リーグ突破を「快進撃」と持ち上げ、日本サッカー協会(JFA)は、西野ジャパンのロシアでの戦いを総括しないまま、次期監督の選定でスッタモンダを繰り返している。

「W杯のたびに同じ愚を犯しているというしかありません。今のJFAがすべきことは、前回ブラジルW杯が1分け2敗に終わり、アギーレ元監督をはさんでハリルホジッチ監督に任せて日本サッカーはレベルアップしたのか。どんな理由で解任して西野監督に委ねたのか、本大会でのパフォーマンスはどう評価するのか、日本サッカーにプラスに働いたのか、などを分析した上で今後の日本サッカーを任せる監督には、どういうタイプの指導者を選ぶのがベストなのか、など熟考した上で次期監督の選定作業を進めるべきです」(ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る