クリンスマン「99%ない」で浮上 田嶋会長“意中の日本人”

公開日:

 4年に1度の風物詩と言えば……「日本サッカー代表監督人事のドタバタ悲喜劇」である。

 日本代表は1998年のフランス大会以来、ロシア大会までW杯に6大会連続出場を果たした。 その中で決勝トーナメントに駒を進めたのは2002年日韓大会、10年南ア大会、そして今回のロシア大会で3回目。すべて決勝T1回戦で姿を消しているが、今回のロシア大会は、前半3分に10人になったコロンビア相手に1勝止まり。それを頬かむりするスポーツマスコミは、いまだに1次リーグ突破を「快進撃」と持ち上げ、日本サッカー協会(JFA)は、西野ジャパンのロシアでの戦いを総括しないまま、次期監督の選定でスッタモンダを繰り返している。

「W杯のたびに同じ愚を犯しているというしかありません。今のJFAがすべきことは、前回ブラジルW杯が1分け2敗に終わり、アギーレ元監督をはさんでハリルホジッチ監督に任せて日本サッカーはレベルアップしたのか。どんな理由で解任して西野監督に委ねたのか、本大会でのパフォーマンスはどう評価するのか、日本サッカーにプラスに働いたのか、などを分析した上で今後の日本サッカーを任せる監督には、どういうタイプの指導者を選ぶのがベストなのか、など熟考した上で次期監督の選定作業を進めるべきです」(ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る