クリンスマン「99%ない」で浮上 田嶋会長“意中の日本人”

公開日:

 4年に1度の風物詩と言えば……「日本サッカー代表監督人事のドタバタ悲喜劇」である。

 日本代表は1998年のフランス大会以来、ロシア大会までW杯に6大会連続出場を果たした。 その中で決勝トーナメントに駒を進めたのは2002年日韓大会、10年南ア大会、そして今回のロシア大会で3回目。すべて決勝T1回戦で姿を消しているが、今回のロシア大会は、前半3分に10人になったコロンビア相手に1勝止まり。それを頬かむりするスポーツマスコミは、いまだに1次リーグ突破を「快進撃」と持ち上げ、日本サッカー協会(JFA)は、西野ジャパンのロシアでの戦いを総括しないまま、次期監督の選定でスッタモンダを繰り返している。

「W杯のたびに同じ愚を犯しているというしかありません。今のJFAがすべきことは、前回ブラジルW杯が1分け2敗に終わり、アギーレ元監督をはさんでハリルホジッチ監督に任せて日本サッカーはレベルアップしたのか。どんな理由で解任して西野監督に委ねたのか、本大会でのパフォーマンスはどう評価するのか、日本サッカーにプラスに働いたのか、などを分析した上で今後の日本サッカーを任せる監督には、どういうタイプの指導者を選ぶのがベストなのか、など熟考した上で次期監督の選定作業を進めるべきです」(ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る