酒浸り、自殺説も出た…サッカー奥大介さんの“第2の人生”

公開日: 更新日:

 サッカー元日本代表の奥大介さん(38)が17日午前4時半ごろ、沖縄県宮古島市の県道で事故死した。現場はゆるやかな左カーブで、奥さんが運転する軽乗用車が反対車線にはみ出し、道路脇の電柱に激突。骨盤骨折などで死亡が確認された。同乗者はいなかった。

 奥さんは1994年にジュビロ磐田に入団。横浜FMのJリーグ優勝に貢献し、98年には日本代表に初選出されて国際Aマッチ26試合に出場した。

 事故死と聞いて「自殺か」と思った人もいるかもしれない。というのも奥さんが最後に話題になったのが昨年の逮捕騒動だったからだ。

 02年に女優の佐伯日菜子(37)と結婚して女児を2人もうけるも、妻に暴力をふるうようになり別居。「今から殺しに行くから」と妻を電話で脅したため、昨年6月に脅迫容疑で逮捕されたのだ。その際、「妻の浮気を疑い、携帯電話を真っ二つに折った」「妻と共演した俳優の連絡先を全部消去した」と奇行ぶりを書き立てられた。

 その後は故郷・尼崎市のお好み焼き屋でバイトしていたことが分かっている。サッカー界のスターの座から滑り落ちた格好だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声