西野監督“退任”の真相 JFA田嶋会長のライバル心と女性問題

公開日:  更新日:

 ロシアW杯から帰国した日本代表の西野監督は5日、日本サッカー協会(JFA)の田嶋会長と主将MF長谷部とともに千葉県成田市内のホテルで帰国会見を行った。

 そこで西野監督の去就について聞かれた田嶋会長は「(W杯の)結果がどうあれ、W杯で(監督を)終わると西野さんと約束していた。慰留はしなかった」と発言。すると一瞬、表情をゆがめた西野監督だったが、いつものポーカーフェースにすぐに戻って「任務を受けた時から、W杯までという気持ちだけでやってきた。任期をまっとうした気持ち」と話した。

「西野さん、本当は続投したかった」とサッカー関係者がこう続ける。

「1次リーグを突破したことで西野監督は続投を決意。少なくとも9~11月のキリンチャレンジ6試合と来年1月にUAEで行われるアジア大会までは指揮を執りたいと田嶋会長に伝えた。ところが、田嶋会長はクビを縦に振らなかった。西野監督人気が沸騰。このまま日本代表を任せておくと<政敵>になりかねないと危惧した。そんな見方が広がっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る