• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西野監督“退任”の真相 JFA田嶋会長のライバル心と女性問題

 ロシアW杯から帰国した日本代表の西野監督は5日、日本サッカー協会(JFA)の田嶋会長と主将MF長谷部とともに千葉県成田市内のホテルで帰国会見を行った。

 そこで西野監督の去就について聞かれた田嶋会長は「(W杯の)結果がどうあれ、W杯で(監督を)終わると西野さんと約束していた。慰留はしなかった」と発言。すると一瞬、表情をゆがめた西野監督だったが、いつものポーカーフェースにすぐに戻って「任務を受けた時から、W杯までという気持ちだけでやってきた。任期をまっとうした気持ち」と話した。

「西野さん、本当は続投したかった」とサッカー関係者がこう続ける。

「1次リーグを突破したことで西野監督は続投を決意。少なくとも9~11月のキリンチャレンジ6試合と来年1月にUAEで行われるアジア大会までは指揮を執りたいと田嶋会長に伝えた。ところが、田嶋会長はクビを縦に振らなかった。西野監督人気が沸騰。このまま日本代表を任せておくと<政敵>になりかねないと危惧した。そんな見方が広がっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る