• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

香川16億円、吉田9億円…日本代表「市場価格」の最下位は

 ドイツ移籍情報サイト「トランスファーマークト」が算出した日本代表選手の「推定市場価格」ランキングによれば、1次リーグのコロンビア戦で先制PKを決めたMF香川(29=ドルトムント)が16億7000万円でトップ。DF吉田(29=サウサンプトン)の9億円、FW岡崎(32=レスター)の7億7000万円と続く。

 メンバー23人中、22位(1億2000万円)のMF長谷部(34=フランクフルト)まで億単位の値段が付いているものの、極端な低評価を下されたのがGK川島(35=メッス)。今大会はミスばかりが目立ったベテランGKの市場価格は、わずか3000万円とされたのだ。

 川島は4戦すべてにフル出場して計7失点。1次リーグのセネガル戦では不用意なパンチングからゴールを許した。

 決勝トーナメントのベルギー戦では、相手のヘディングシュートに対して、ポジショニングの悪さから、頭上を越されて失点。現役時代GKだった各国の解説者から「カワシマのゴールキーピングは素人レベル」などと酷評が相次いだ。

 年齢が年齢のうえに、「素人レベル」のGKに3000万円なら、むしろ高すぎるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る