香川16億円、吉田9億円…日本代表「市場価格」の最下位は

公開日:  更新日:

 ドイツ移籍情報サイト「トランスファーマークト」が算出した日本代表選手の「推定市場価格」ランキングによれば、1次リーグのコロンビア戦で先制PKを決めたMF香川(29=ドルトムント)が16億7000万円でトップ。DF吉田(29=サウサンプトン)の9億円、FW岡崎(32=レスター)の7億7000万円と続く。

 メンバー23人中、22位(1億2000万円)のMF長谷部(34=フランクフルト)まで億単位の値段が付いているものの、極端な低評価を下されたのがGK川島(35=メッス)。今大会はミスばかりが目立ったベテランGKの市場価格は、わずか3000万円とされたのだ。

 川島は4戦すべてにフル出場して計7失点。1次リーグのセネガル戦では不用意なパンチングからゴールを許した。

 決勝トーナメントのベルギー戦では、相手のヘディングシュートに対して、ポジショニングの悪さから、頭上を越されて失点。現役時代GKだった各国の解説者から「カワシマのゴールキーピングは素人レベル」などと酷評が相次いだ。

 年齢が年齢のうえに、「素人レベル」のGKに3000万円なら、むしろ高すぎるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る