日本列島が踊る金足農“狂騒曲” 日本農業新聞も1面記事に

公開日:

 地元・秋田はもちろん日本列島が“金足農狂騒曲”に踊っている。

 夏の甲子園で秋田県勢として103年ぶりの決勝進出を果たした金足農は、21日午後2時から大阪桐蔭(北大阪)と対戦する。秋田朝日放送はきのう、金足農の決勝進出が決まった直後に、決勝戦を生中継することを決定。同局で甲子園決勝戦を生中継するのは「初」だという。

 NHKが18日に放送した準々決勝「金足農対近江」の秋田地区平均視聴率が53.8%。金足農の校歌斉唱の場面では、なんと66.0%の瞬間最高視聴率を記録した。

 秋田県民からは「決勝戦の視聴率100%間違いなし」「21日は全県で臨時休業にすべきだ」という声も上がっている。

 日本航空も県民のフィーバーに応え、21日午前、秋田から大阪・伊丹空港に臨時便を運航した。秋田空港を午前8時50分に出発し、同10時15分に伊丹空港に到着するJAL4730便で、午前8時にはほぼ満席だった。

 一方、日本で唯一の農業専門の日刊紙「日本農業新聞」は、100回の記念大会で農業高校を取り上げようと、金足農が甲子園出場を決めたときから地道な取材を重ねてきた。そして、ついに19日から21日まで3日連続で金足農が1面を飾った。22日の紙面が楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る