進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

公開日: 更新日:

「154球を投げて完投したうえに、最速の149キロをマークしたのは最終回の九回。それも3球続けてだからね。スタミナも底知れないものがある。これだけのピッチャーが、ホントに進学するのかね」

「ウチの東北担当(スカウト)は、春先から(金足農の)監督にそう言われてるみたいだよ」

 これ、14日、甲子園球場のネット裏で実際に交わされたスカウトたちの会話だ。

「これだけのピッチャー」とは、この日の大垣日大(岐阜)戦で13奪三振をマークしてチームを23年ぶりの3回戦に導いた金足農(秋田)の右腕・吉田輝星のこと。吉田は1回戦の鹿児島実戦でも2ケタの14奪三振、プロ球団のスカウトが「今秋のドラフト1位候補」と口をそろえる逸材だ。

「進学先は青森の八戸学院大だと聞いています」と、在京球団のあるスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る