• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

 例年ならネット裏にはスカウトの寝息やタメ息が充満していたから、異変といえば異変だろう。

 今年で100回を迎えた夏の甲子園大会は、12日で出場56校がすべて登場。ドラフト1位候補は当初、大阪桐蔭(北大阪)の根尾昂投手兼遊撃手(177センチ、78キロ、右左)と、藤原恭大外野手(181センチ、78キロ、左左)の2人だけとみられていたが、フタを開けてみれば意外にも逸材がゴロゴロ。

 現2年生も含めれば、契約金1億円のドラフト1位候補がなんと7人もいるというのだ。

 1位指名が確実な根尾と藤原の評価は割愛するとして、ネット裏のスカウトが真っ先に名前を挙げたのは報徳学園(東兵庫)の小園海斗(178センチ、79キロ、右左)。11日の聖光学院(福島)戦で大会タイ記録となる3本の二塁打をマークした遊撃手だ。日本ハムの山田正雄スカウト顧問はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る