逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

公開日:

 例年ならネット裏にはスカウトの寝息やタメ息が充満していたから、異変といえば異変だろう。

 今年で100回を迎えた夏の甲子園大会は、12日で出場56校がすべて登場。ドラフト1位候補は当初、大阪桐蔭(北大阪)の根尾昂投手兼遊撃手(177センチ、78キロ、右左)と、藤原恭大外野手(181センチ、78キロ、左左)の2人だけとみられていたが、フタを開けてみれば意外にも逸材がゴロゴロ。

 現2年生も含めれば、契約金1億円のドラフト1位候補がなんと7人もいるというのだ。

 1位指名が確実な根尾と藤原の評価は割愛するとして、ネット裏のスカウトが真っ先に名前を挙げたのは報徳学園(東兵庫)の小園海斗(178センチ、79キロ、右左)。11日の聖光学院(福島)戦で大会タイ記録となる3本の二塁打をマークした遊撃手だ。日本ハムの山田正雄スカウト顧問はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る