逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

公開日: 更新日:

 例年ならネット裏にはスカウトの寝息やタメ息が充満していたから、異変といえば異変だろう。

 今年で100回を迎えた夏の甲子園大会は、12日で出場56校がすべて登場。ドラフト1位候補は当初、大阪桐蔭(北大阪)の根尾昂投手兼遊撃手(177センチ、78キロ、右左)と、藤原恭大外野手(181センチ、78キロ、左左)の2人だけとみられていたが、フタを開けてみれば意外にも逸材がゴロゴロ。

 現2年生も含めれば、契約金1億円のドラフト1位候補がなんと7人もいるというのだ。

 1位指名が確実な根尾と藤原の評価は割愛するとして、ネット裏のスカウトが真っ先に名前を挙げたのは報徳学園(東兵庫)の小園海斗(178センチ、79キロ、右左)。11日の聖光学院(福島)戦で大会タイ記録となる3本の二塁打をマークした遊撃手だ。日本ハムの山田正雄スカウト顧問はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  5. 5

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る