金足農OB豪風も母校快進撃に発奮 決勝当日は秋田市で巡業

公開日:

 秋田勢として103年ぶりに甲子園の決勝に進出した金足農を祝福したのが、同校OBの力士、豪風だ。

 39歳ながら、いまだ現役。先場所は十両筆頭で4勝11敗と負け越したが、19日に巡業先の札幌市で母校の快進撃について、「眠っていた細胞が目を覚ました」と語った。偶然にも甲子園決勝が行われる21日は、秋田市で巡業が行われる。

 金足農野球部といえば、かつては真冬の田沢湖合宿が名物。雪の降り積もった湖畔で、八甲田山さながらに雪中特訓をする猛練習で知られた。一方、豪風も稽古では負けていない。若い頃から「3年先の稽古」に汗を流し、現在も地方場所や巡業ではジム通いを続けている。大きなケガはほとんどなく、ちょっとやそっとの負傷はものともしない。

 現役最年長力士は立浪部屋の華吹(はなかぜ)で、なんと48歳。自身の持つ昭和以降の最年長記録を更新し続け、先場所は序二段51枚目だった。豪風はすでに「押尾川」の親方株も持っており、引退後の心配はない。華吹の年まで現役を続けるかはともかく、9月場所では後輩たちに負けない相撲が期待できそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る