レッドソックス ドーピングで永久追放の右腕メヒアと契約

公開日: 更新日:

 昨季、5年ぶりの世界一を達成したレッドソックスが、救援右腕ヘンリー・メヒア(29=元メッツ)をマイナー契約で獲得した。米紙USAトゥデーなど複数のメディアが29日に伝えた。

 メヒアはメジャー通算5年間で28セーブをマーク。最速160キロの速球を武器に、14年にメッツの守護神に定着し、出世街道を歩み始めたが、15年には2度の禁止薬物使用が発覚。16年には3度目のドーピングが明らかになり、MLBから薬物使用では史上初の永久追放処分を科された。

 18年7月には、処分を解除されたが、同年11月にメッツを解雇された。記事によると、メヒアは昨季終了後、正式に永久追放処分が解除され、今季からメジャーでのプレーが可能になるという。

 レッドソックスでは、昨季終了後、守護神キンブレルがFAになり、今オフはリリーフ投手の補強が課題だった。ワールドシリーズ連覇を目指すレッドソックスは、メヒアが再び薬に手を出さないよう、徹底して監視した方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る