レッドソックス ドーピングで永久追放の右腕メヒアと契約

公開日: 更新日:

 昨季、5年ぶりの世界一を達成したレッドソックスが、救援右腕ヘンリー・メヒア(29=元メッツ)をマイナー契約で獲得した。米紙USAトゥデーなど複数のメディアが29日に伝えた。

 メヒアはメジャー通算5年間で28セーブをマーク。最速160キロの速球を武器に、14年にメッツの守護神に定着し、出世街道を歩み始めたが、15年には2度の禁止薬物使用が発覚。16年には3度目のドーピングが明らかになり、MLBから薬物使用では史上初の永久追放処分を科された。

 18年7月には、処分を解除されたが、同年11月にメッツを解雇された。記事によると、メヒアは昨季終了後、正式に永久追放処分が解除され、今季からメジャーでのプレーが可能になるという。

 レッドソックスでは、昨季終了後、守護神キンブレルがFAになり、今オフはリリーフ投手の補強が課題だった。ワールドシリーズ連覇を目指すレッドソックスは、メヒアが再び薬に手を出さないよう、徹底して監視した方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

もっと見る