大谷の印象に残った野手 Rソックス・ベッツの“仰天ルーツ”

公開日:

 野手としてすべての能力を兼ね備えた5ツールプレーヤーだ。レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手(26)は今季、リードオフマンとして打線を牽引。両リーグトップの打率3割4分6厘をマークし、自身初の首位打者に。身長175センチと小柄ながら、32本塁打、80打点と勝負強い打撃で、チームを5年ぶりの世界一に導いた。ゴールドグラブ賞は16年から3年連続で受賞しており、15日(日本時間16日)には初めてMVPに選出された。

 4月17日のエンゼルス戦では先発した大谷から先頭打者弾を放っている。シーズン終了後、メジャー1年目を振り返った大谷が今年、最も印象に残った野手として名前を挙げたのが、このベッツだ。

 オールラウンドな能力は、母親のダイアナさんから叩き込まれた。ソフトボール経験者のダイアナさんは幼少時のベッツに野球の基礎を身に付けさせた。リトルリーグの監督も務め、息子には全てのポジションをこなせるように、徹底した守備練習を課した。ダイアナさんの弟で、元メジャーリーガーのテリー・シャンパートのマンツーマン指導も受け、ジョン・オバートン高時代には強打の内野手として名を馳せた。高校2年時には早々と複数の強豪大学から勧誘されたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る