大谷の印象に残った野手 Rソックス・ベッツの“仰天ルーツ”

公開日: 更新日:

 野手としてすべての能力を兼ね備えた5ツールプレーヤーだ。レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手(26)は今季、リードオフマンとして打線を牽引。両リーグトップの打率3割4分6厘をマークし、自身初の首位打者に。身長175センチと小柄ながら、32本塁打、80打点と勝負強い打撃で、チームを5年ぶりの世界一に導いた。ゴールドグラブ賞は16年から3年連続で受賞しており、15日(日本時間16日)には初めてMVPに選出された。

 4月17日のエンゼルス戦では先発した大谷から先頭打者弾を放っている。シーズン終了後、メジャー1年目を振り返った大谷が今年、最も印象に残った野手として名前を挙げたのが、このベッツだ。

 オールラウンドな能力は、母親のダイアナさんから叩き込まれた。ソフトボール経験者のダイアナさんは幼少時のベッツに野球の基礎を身に付けさせた。リトルリーグの監督も務め、息子には全てのポジションをこなせるように、徹底した守備練習を課した。ダイアナさんの弟で、元メジャーリーガーのテリー・シャンパートのマンツーマン指導も受け、ジョン・オバートン高時代には強打の内野手として名を馳せた。高校2年時には早々と複数の強豪大学から勧誘されたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る