• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「されど“男”は愛おしい」齋藤薫著

 人の美しさには、形の美しさと、清潔感が生む美しさの2種類がある。清潔感を保つことで〈国民的な好感〉を保ってきたのが〈フーテンの寅〉である。

 寅さんの身上である〈けがれなき情〉を伝えるために、映画のなかで無精ひげを生やしているイメージはなかったし、失恋して、何日も部屋にこもっていても、シャツの襟が汚れていたりすることはなかった。いつも恋が実らない寅さんは、美形であってはいけないが、清潔感が必要だったのだ。だが、美形で清潔感がある、清く正しくつまらない男は、〈面倒くさい感じ〉が生まれてしまう。

 人気エッセイストがモテる男の新基準を語る、タメになる本。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る