「中国人の『財布の中身』」青樹明子著

公開日:

 今や3億人ともいわれる中国の中間層の金銭感覚を読み解くリポート。

 日本製品が爆買いされるのは、質の良さだけが理由ではない。関税が高い中国で買うと、日本で1500円程度の洗顔料も2倍以上になってしまうから。さらに偽物も横行しているため、中国で買うのがためらわれるのだ。中国では銀行の支店の偽物まで登場したという。一方、収入の半分以上を住宅ローンとして払い続けている人も多い。なぜそこまでして住宅を買うのか。賃貸料の急騰も一因だが、男性超過社会で家を持っていないと結婚できないのだとか。

 その他、中間層の収入と暮らしの内訳、消費を牽引する月光族と呼ばれる若者たちの存在など。謎に満ちた彼らの財布の中身をのぞき見る。(詩想社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る