「中国人の『財布の中身』」青樹明子著

公開日:

 今や3億人ともいわれる中国の中間層の金銭感覚を読み解くリポート。

 日本製品が爆買いされるのは、質の良さだけが理由ではない。関税が高い中国で買うと、日本で1500円程度の洗顔料も2倍以上になってしまうから。さらに偽物も横行しているため、中国で買うのがためらわれるのだ。中国では銀行の支店の偽物まで登場したという。一方、収入の半分以上を住宅ローンとして払い続けている人も多い。なぜそこまでして住宅を買うのか。賃貸料の急騰も一因だが、男性超過社会で家を持っていないと結婚できないのだとか。

 その他、中間層の収入と暮らしの内訳、消費を牽引する月光族と呼ばれる若者たちの存在など。謎に満ちた彼らの財布の中身をのぞき見る。(詩想社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る