• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「白洲次郎 一流の条件」牧山圭男監修

 戦後、吉田茂外相の補佐としてGHQとの交渉に当たった白洲次郎は、ダメなやつにとっては「絶対に上司にしたくない男」だった。プリンシプル(原理・信条)を重んじ、「西洋人と付き合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である」と言っていた。また、不要なことは語らない口が堅い人物だった。白洲がある会社の再建計画に動いていると嗅ぎつけた新聞記者が訪れたとき、白洲が「僕は何も知らんよ。知っていたとしても何もしゃべらんよ。僕はねえ、口が堅いからここまで生きてこられたんだ」と言って口をつぐむと、記者は「失礼しました」と頭を下げて帰った。

 伝説の男の生き方に学ぶ40の心得。(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る