「白洲次郎 一流の条件」牧山圭男監修

公開日: 更新日:

 戦後、吉田茂外相の補佐としてGHQとの交渉に当たった白洲次郎は、ダメなやつにとっては「絶対に上司にしたくない男」だった。プリンシプル(原理・信条)を重んじ、「西洋人と付き合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である」と言っていた。また、不要なことは語らない口が堅い人物だった。白洲がある会社の再建計画に動いていると嗅ぎつけた新聞記者が訪れたとき、白洲が「僕は何も知らんよ。知っていたとしても何もしゃべらんよ。僕はねえ、口が堅いからここまで生きてこられたんだ」と言って口をつぐむと、記者は「失礼しました」と頭を下げて帰った。

 伝説の男の生き方に学ぶ40の心得。(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る