「白洲次郎 一流の条件」牧山圭男監修

公開日: 更新日:

 戦後、吉田茂外相の補佐としてGHQとの交渉に当たった白洲次郎は、ダメなやつにとっては「絶対に上司にしたくない男」だった。プリンシプル(原理・信条)を重んじ、「西洋人と付き合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である」と言っていた。また、不要なことは語らない口が堅い人物だった。白洲がある会社の再建計画に動いていると嗅ぎつけた新聞記者が訪れたとき、白洲が「僕は何も知らんよ。知っていたとしても何もしゃべらんよ。僕はねえ、口が堅いからここまで生きてこられたんだ」と言って口をつぐむと、記者は「失礼しました」と頭を下げて帰った。

 伝説の男の生き方に学ぶ40の心得。(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る