「白洲次郎 一流の条件」牧山圭男監修

公開日:

 戦後、吉田茂外相の補佐としてGHQとの交渉に当たった白洲次郎は、ダメなやつにとっては「絶対に上司にしたくない男」だった。プリンシプル(原理・信条)を重んじ、「西洋人と付き合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である」と言っていた。また、不要なことは語らない口が堅い人物だった。白洲がある会社の再建計画に動いていると嗅ぎつけた新聞記者が訪れたとき、白洲が「僕は何も知らんよ。知っていたとしても何もしゃべらんよ。僕はねえ、口が堅いからここまで生きてこられたんだ」と言って口をつぐむと、記者は「失礼しました」と頭を下げて帰った。

 伝説の男の生き方に学ぶ40の心得。(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る