• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『脚』を鍛えると『脳』が若返る!」石原結實著

「運動する人は、しない人よりボケのリスクが38%も減ります」との文言が帯に躍る。運動の重要性を説くのは、長寿につながる健康法に詳しいイシハラクリニック院長。

 特に必要なのは、脚を鍛える運動だという。たとえば、最新の研究では「歩くのが速い人は長生きする」という結果が出ている。なぜなら、歩く速度は下半身の筋肉の量、および脳神経によってコントロールされているからだ。

「よって歩く速度は、その人の健康状態や下半身の筋肉の活動性を端的に表す」と著者。米国ピッツバーグ医科大学の研究者による発表では、高齢者500人の日常の歩行速度を3段階に分け、9年後に再調査したところ、歩くスピードが遅かった人は77%死亡、歩くスピードが中等度だった人は50%死亡、歩くスピードが速かった人は27%が死亡していた。同様の報告は、複数の研究者からなされている。

 67歳の著者自身も、週5日、1日10キロのジョギング、週3回のウエートトレーニングを習慣にしている。45年間1回も病気をしたことがなく、健康保険証は歯の治療のために3~4回使っただけ。毎週日曜日に伊豆の健康増進保養所で行っている「健康講演」は26年間1300回以上続け、午前8時半から11時まで、ダジャレを連発しながら休憩なしで一気に話し続けるという。

(秀和システム 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る