• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「昭和の店に惹かれる理由」井川直子著

 神田のおでん屋「尾張家」には官公庁のエライ人なども来るが、初代の店主はどんなにエライ人でも間違ったことをすると「出てけ!」と言う人だった。後を継いだ息子の嫁、操さんも、男性を30分も待たせた女性に「あなた遅過ぎよ、男性を待たせるもんじゃないわよ」とぴしゃりと言う。男性が女性を待ちながら一人で飲んでいる気持ちを考えると、昭和の女はいたたまれない。満席なのに自分の相手の女性の席が空いているのはお店に申し訳ないと、針のむしろに座っているようなものだろう。

 レストランや料理人の取材をしている著者が憧れる「正しい感じ」のある10軒の名店について語る。

(ミシマ社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る