「昭和の店に惹かれる理由」井川直子著

公開日: 更新日:

 神田のおでん屋「尾張家」には官公庁のエライ人なども来るが、初代の店主はどんなにエライ人でも間違ったことをすると「出てけ!」と言う人だった。後を継いだ息子の嫁、操さんも、男性を30分も待たせた女性に「あなた遅過ぎよ、男性を待たせるもんじゃないわよ」とぴしゃりと言う。男性が女性を待ちながら一人で飲んでいる気持ちを考えると、昭和の女はいたたまれない。満席なのに自分の相手の女性の席が空いているのはお店に申し訳ないと、針のむしろに座っているようなものだろう。

 レストランや料理人の取材をしている著者が憧れる「正しい感じ」のある10軒の名店について語る。

(ミシマ社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る