• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「天使の恥部」マヌエル・プイグ著、安藤哲行訳

 1936年、世界一の美女と称えられた元女優は、富豪と結婚して引退。富豪は彼女が出演した映画のフィルムを買い占め、島にある屋敷に住まわせる。

 1975年、不治の病で病院に入院中のアナは日記をつづっていた。夫のフィトと離婚してアルゼンチンからメキシコに来たアナだが、フィトの元に残してきた娘のことが気になる。交際中の弁護士のポッシが自分を政治活動に巻き込もうとしていることも気に入らず、自分にふさわしい男との出会いを夢見る。

 一方、地軸変動で氷河期に入り各都市が海底に沈んだ未来で、徴集された女性、W218は老人たちの性欲の処理をする任務に就いていた。

 過去・現在・未来が交錯しながら3人の女性の残酷な運命を描く長編。(白水社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る