「天使の恥部」マヌエル・プイグ著、安藤哲行訳

公開日: 更新日:

 1936年、世界一の美女と称えられた元女優は、富豪と結婚して引退。富豪は彼女が出演した映画のフィルムを買い占め、島にある屋敷に住まわせる。

 1975年、不治の病で病院に入院中のアナは日記をつづっていた。夫のフィトと離婚してアルゼンチンからメキシコに来たアナだが、フィトの元に残してきた娘のことが気になる。交際中の弁護士のポッシが自分を政治活動に巻き込もうとしていることも気に入らず、自分にふさわしい男との出会いを夢見る。

 一方、地軸変動で氷河期に入り各都市が海底に沈んだ未来で、徴集された女性、W218は老人たちの性欲の処理をする任務に就いていた。

 過去・現在・未来が交錯しながら3人の女性の残酷な運命を描く長編。(白水社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る