「天使の恥部」マヌエル・プイグ著、安藤哲行訳

公開日:

 1936年、世界一の美女と称えられた元女優は、富豪と結婚して引退。富豪は彼女が出演した映画のフィルムを買い占め、島にある屋敷に住まわせる。

 1975年、不治の病で病院に入院中のアナは日記をつづっていた。夫のフィトと離婚してアルゼンチンからメキシコに来たアナだが、フィトの元に残してきた娘のことが気になる。交際中の弁護士のポッシが自分を政治活動に巻き込もうとしていることも気に入らず、自分にふさわしい男との出会いを夢見る。

 一方、地軸変動で氷河期に入り各都市が海底に沈んだ未来で、徴集された女性、W218は老人たちの性欲の処理をする任務に就いていた。

 過去・現在・未来が交錯しながら3人の女性の残酷な運命を描く長編。(白水社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る