「横浜駅SF」柞刈湯葉著

公開日: 更新日:

 横浜駅ではずっと工事が続いていて、終わる気配がないということを、ずいぶん以前に聞いたことがある。一部では、日本のサグラダ・ファミリアとも言われているようだ。

 ならば、その横浜駅がどんどん増殖して広がっていったらどうなるか――それをつきつめたのが本書だ。数百年後の未来、横浜駅は増殖を続けて本州の99%が横浜駅となっている。つまり本州のほとんどが「エキナカ」なのだ。そこでは脳にSuikaを埋め込まれ、人間が管理されている。横浜駅の外で生まれ、Suikaを持たない人間は「エキナカ」に入ることは出来ない。その非Suika住民の三島ヒロトは、ある日、キセル同盟から18キップを渡される。それを持っていればSuikaを持たない人間でも「エキナカ」に入ることが出来るという。ただし、期間は5日間のみ。どこかに身をひそめているはずのキセル同盟のリーダーを助けてほしい、とヒロトは依頼されるのである。もう一つ、別に使命もあるのだが、それは本書をお読みいただきたい。かくて、三島ヒロトの冒険が始まっていく。

 いやはや、面白い。JR北日本とJR福岡が横浜駅と戦っているのもケッサクだ。

 第1回カクヨムWeb小説コンテストで大賞(SF部門)を受賞した作品だが、椎名誠「アド・バード」に強く影響されたと著者があとがきで書いているように、SFロードノベルの楽しさがここにはぎっしりと詰まっている。(KADOKAWA 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    中居正広がTVから消える? レギュラー2本に“消滅危機”情報

  4. 4

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  8. 8

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  9. 9

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  10. 10

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る