• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ジャズメン死亡診断書」小川隆夫著

 ムーンライト・セレナーデが大ヒットして以来、立て続けにヒットを飛ばし、グレン・ミラー楽団は人気絶頂だったのに、グレン・ミラーは第2次世界大戦に従軍している兵士を慰問するために楽団を解散した。しかし、すでに38歳で入隊を受け入れてもらえなかったため、知己の陸軍准将に頼んで「軍楽隊を近代化させる」という名目で入隊した。1944年、軍用機でイギリスからフランスへ向かう途中で消息を絶ち、機体は発見されなかった。(「イギリス海峡に消えた愛国者」)

 ほかに、末期がんだったのに日本公演を強行して倒れたソニー・スティットなど、23人のジャズメンの死を語る。(シンコーミュージック・エンタテイメント 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る