「40歳から病気にならない人の習慣」満尾正著

公開日: 更新日:

 どんなに見た目が若くても、40歳は「若さの定年」だという。そして40歳を境に、病気になりやすい人と、なりにくい人に分かれていく。その差は、老化防止の習慣だ。

 たとえば、病気になりにくい人は「腹八分目」。実は人が一生で生産する消化酵素の量は決まっているため、毎食満腹を続けると、いつか消化酵素は底をつく。結果、栄養が吸収できなくなり、老化が進むのだ。他にも「朝夕軽め、昼しっかり」の食事法、「歯ぐきの血行のための歯磨き」「毎朝の血圧測定で健康管理」「空腹時に甘いものはNG」など、40歳から健康になるために、すぐできる習慣を開陳。(PHP研究所 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る