「40歳から病気にならない人の習慣」満尾正著

公開日: 更新日:

 どんなに見た目が若くても、40歳は「若さの定年」だという。そして40歳を境に、病気になりやすい人と、なりにくい人に分かれていく。その差は、老化防止の習慣だ。

 たとえば、病気になりにくい人は「腹八分目」。実は人が一生で生産する消化酵素の量は決まっているため、毎食満腹を続けると、いつか消化酵素は底をつく。結果、栄養が吸収できなくなり、老化が進むのだ。他にも「朝夕軽め、昼しっかり」の食事法、「歯ぐきの血行のための歯磨き」「毎朝の血圧測定で健康管理」「空腹時に甘いものはNG」など、40歳から健康になるために、すぐできる習慣を開陳。(PHP研究所 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  7. 7

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道 強まるノ・ミヌ側の“売名行為”リーク説

  9. 9

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る