「遺伝子は、変えられる。」シャロン・モアレム著、中里京子訳

公開日: 更新日:

 2013年、女優のアンジェリーナ・ジョリーが乳がんの発生率が高くなる遺伝子の変異があったとして、そのリスクを回避するために乳房を切除(その後、卵巣・卵管も)したというニュースは大きな話題となった。こうした遺伝子診断による予防は増えているようだが、遺伝子による疾患の実態やその治療方法となるとよく分からないという人がほとんどだろう。本書は現役の臨床医師にして科学者、そしてノンフィクションライターである著者が、専門分野である遺伝子研究の現状について詳しく述べたもの。

 両親から受け継いだ遺伝子は不変というのが常識かと思われているが、実はそれは大きな間違いだという。ある遺伝子が受け継がれても、その形質が表れるかどうかは人と場合によって違うし、遺伝子自体も常に改変されているのだと。野菜中心の食事に改善してがんになったシェフや、ごく普通の鎮痛剤によって命を落とした少女ら、特異な遺伝子疾患の例を豊富に引きながら遺伝子の実態を説明してくれる好著。(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る

人気キーワード