• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「遺伝子は、変えられる。」シャロン・モアレム著、中里京子訳

 2013年、女優のアンジェリーナ・ジョリーが乳がんの発生率が高くなる遺伝子の変異があったとして、そのリスクを回避するために乳房を切除(その後、卵巣・卵管も)したというニュースは大きな話題となった。こうした遺伝子診断による予防は増えているようだが、遺伝子による疾患の実態やその治療方法となるとよく分からないという人がほとんどだろう。本書は現役の臨床医師にして科学者、そしてノンフィクションライターである著者が、専門分野である遺伝子研究の現状について詳しく述べたもの。

 両親から受け継いだ遺伝子は不変というのが常識かと思われているが、実はそれは大きな間違いだという。ある遺伝子が受け継がれても、その形質が表れるかどうかは人と場合によって違うし、遺伝子自体も常に改変されているのだと。野菜中心の食事に改善してがんになったシェフや、ごく普通の鎮痛剤によって命を落とした少女ら、特異な遺伝子疾患の例を豊富に引きながら遺伝子の実態を説明してくれる好著。(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る