「遺伝子は、変えられる。」シャロン・モアレム著、中里京子訳

公開日: 更新日:

 2013年、女優のアンジェリーナ・ジョリーが乳がんの発生率が高くなる遺伝子の変異があったとして、そのリスクを回避するために乳房を切除(その後、卵巣・卵管も)したというニュースは大きな話題となった。こうした遺伝子診断による予防は増えているようだが、遺伝子による疾患の実態やその治療方法となるとよく分からないという人がほとんどだろう。本書は現役の臨床医師にして科学者、そしてノンフィクションライターである著者が、専門分野である遺伝子研究の現状について詳しく述べたもの。

 両親から受け継いだ遺伝子は不変というのが常識かと思われているが、実はそれは大きな間違いだという。ある遺伝子が受け継がれても、その形質が表れるかどうかは人と場合によって違うし、遺伝子自体も常に改変されているのだと。野菜中心の食事に改善してがんになったシェフや、ごく普通の鎮痛剤によって命を落とした少女ら、特異な遺伝子疾患の例を豊富に引きながら遺伝子の実態を説明してくれる好著。(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  9. 9

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る