「汗はすごい 体温、ストレス、生体のバランス戦略」菅屋潤壹著

公開日:

 発汗生理、温熱生理などを研究分野にしてきた愛知医科大学名誉教授が書いた本。発汗はもっとも身近な生理現象なのに誤解されているという。「風邪の高熱は汗を出せば下がる」「脇の下や喉元や頭皮は汗をかきやすい」などといわれるが、どれも科学的には真逆なのだそうだ。

 汗による抗菌作用や脳が発汗作用にどうかかわっているのか、暑さに慣れるとはどういうことかなどの他、暑さに慣れるとどうなるのか、など熱中症についての記述もあって興味深い。例えば、人は暑熱負荷を毎日与えていけば、14日ほどで体が暑さに慣れて、暑さに抵抗できる万全の体が出来上がる。これが暑熱順化と呼ばれる現象だ。このときもっとも向上するのが汗の機能だという。こうした最新の汗の科学の話を知っておけば健康に役立つだけでなく、仲間内で一目置かれるキッカケになるかも。(ちくま新書 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る