「ビッグショット・オーロラ」廣川まさき著

公開日: 更新日:

 多くの人を魅了するオーロラだが、そもそも、オーロラの研究が始まったのは日本軍のアリューシャン列島侵攻がきっかけだった。

 オーロラが出ると無線が使えなくなり、軍事作戦に支障が出るためだ。また、オーロラの発する赤外線が煙幕のようになって、ミサイルの発する赤外線を感知できなくなり、当時の米国ではオーロラが出るとミサイルの追撃ができなかった。現在ではその心配はなくなったが、今なお、オーロラ発生時に同時に起こる磁気嵐によって、人工衛星が壊れてしまう可能性はあるという。

 本書は、「オーロラに指を突っ込むとどうなるか」「アラスカ大学が発表するオーロラ予報が当たらない理由」から、世界中のオーロラ発生論は全部間違っているとの仰天事実まで、極北アラスカでオーロラ科学の世界的権威である日本人科学者・赤祖父俊一博士から受けたひと冬の個人授業読本である。(小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る