「ビッグショット・オーロラ」廣川まさき著

公開日:

 多くの人を魅了するオーロラだが、そもそも、オーロラの研究が始まったのは日本軍のアリューシャン列島侵攻がきっかけだった。

 オーロラが出ると無線が使えなくなり、軍事作戦に支障が出るためだ。また、オーロラの発する赤外線が煙幕のようになって、ミサイルの発する赤外線を感知できなくなり、当時の米国ではオーロラが出るとミサイルの追撃ができなかった。現在ではその心配はなくなったが、今なお、オーロラ発生時に同時に起こる磁気嵐によって、人工衛星が壊れてしまう可能性はあるという。

 本書は、「オーロラに指を突っ込むとどうなるか」「アラスカ大学が発表するオーロラ予報が当たらない理由」から、世界中のオーロラ発生論は全部間違っているとの仰天事実まで、極北アラスカでオーロラ科学の世界的権威である日本人科学者・赤祖父俊一博士から受けたひと冬の個人授業読本である。(小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る