「『穴場』の喪失」本村凌二、マイク・モラスキー著

公開日:

 穴場の酒場で出会った2人が大衆文化をテーマに論じ合う対談集。

 日本の居酒屋を愛し、日々、放浪しながら穴場を見つけてきたモラスキー氏は、最近、穴場が減少してきたと指摘。それは「食べログ」などのサイトの登場が原因で、こうしたネット情報の氾濫が人々に新しい店に自分で行く冒険心や探求心を失わせているという。

 また、ネット情報によってこれまで地元の人以外あまり足を運ばなかった北千住などの下町が観光地化され、その土地の飲食文化の特有性が希薄化されていると、ネット時代の飲食文化について論じながら、居酒屋の作法や穴場の探し方などを披露し合う。その他、映画やギャンブルなどを俎上に、穴場が失われつつある今という時代を語る。(祥伝社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る