「沖縄の医師が教える1日1食で太らない生活」安谷屋徳章著

公開日: 更新日:

 ダイエットに失敗する人はリバウンドしてしまう。その原因は年代ごとに食べ方を変える必要があるのに、それをしていないからだ。こう主張する著者は防衛医科大を出た沖縄出身の内科医。これまで1000人以上に食事指導をして、9割が半年で1割以上の体重を落とすことに成功したという。

 本で紹介している「1日1食」生活はタモリやビートたけし、福山雅治らの有名人も実践し、自らも継続しているという。著者は80キロ以上あった体重を62キロまで減らしたという。1カ月以内で1日1食に持ち込むための短期法と、時間をかけてたどり着く長期法の2つのやり方を示している。これまで話題になったさまざまなダイエット法の問題点を挙げているのも参考になる。

 健康的に痩せたい中高年におすすめの一冊だ。(廣済堂出版 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る