「沖縄の医師が教える1日1食で太らない生活」安谷屋徳章著

公開日:  更新日:

 ダイエットに失敗する人はリバウンドしてしまう。その原因は年代ごとに食べ方を変える必要があるのに、それをしていないからだ。こう主張する著者は防衛医科大を出た沖縄出身の内科医。これまで1000人以上に食事指導をして、9割が半年で1割以上の体重を落とすことに成功したという。

 本で紹介している「1日1食」生活はタモリやビートたけし、福山雅治らの有名人も実践し、自らも継続しているという。著者は80キロ以上あった体重を62キロまで減らしたという。1カ月以内で1日1食に持ち込むための短期法と、時間をかけてたどり着く長期法の2つのやり方を示している。これまで話題になったさまざまなダイエット法の問題点を挙げているのも参考になる。

 健康的に痩せたい中高年におすすめの一冊だ。(廣済堂出版 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る