日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「沖縄の医師が教える1日1食で太らない生活」安谷屋徳章著

 ダイエットに失敗する人はリバウンドしてしまう。その原因は年代ごとに食べ方を変える必要があるのに、それをしていないからだ。こう主張する著者は防衛医科大を出た沖縄出身の内科医。これまで1000人以上に食事指導をして、9割が半年で1割以上の体重を落とすことに成功したという。

 本で紹介している「1日1食」生活はタモリやビートたけし、福山雅治らの有名人も実践し、自らも継続しているという。著者は80キロ以上あった体重を62キロまで減らしたという。1カ月以内で1日1食に持ち込むための短期法と、時間をかけてたどり着く長期法の2つのやり方を示している。これまで話題になったさまざまなダイエット法の問題点を挙げているのも参考になる。

 健康的に痩せたい中高年におすすめの一冊だ。(廣済堂出版 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事