• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「沖縄の医師が教える1日1食で太らない生活」安谷屋徳章著

 ダイエットに失敗する人はリバウンドしてしまう。その原因は年代ごとに食べ方を変える必要があるのに、それをしていないからだ。こう主張する著者は防衛医科大を出た沖縄出身の内科医。これまで1000人以上に食事指導をして、9割が半年で1割以上の体重を落とすことに成功したという。

 本で紹介している「1日1食」生活はタモリやビートたけし、福山雅治らの有名人も実践し、自らも継続しているという。著者は80キロ以上あった体重を62キロまで減らしたという。1カ月以内で1日1食に持ち込むための短期法と、時間をかけてたどり着く長期法の2つのやり方を示している。これまで話題になったさまざまなダイエット法の問題点を挙げているのも参考になる。

 健康的に痩せたい中高年におすすめの一冊だ。(廣済堂出版 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る