「定年待合室」江波戸哲夫著

公開日:

 妻を失った大和田は、2年ぶりに訪ねた馴染みのスナックのママ・綾子から、元部下が苦境に陥っていると聞く。大和田は、がんを患う妻に寄り添うため百貨店を早期退職。順調に出世を重ねていた大和田だが、専務の逆鱗(げきりん)に触れ、出世コースから外されたのも早期退職の理由だった。今は外商部で働く元部下の松川によると、IT企業の創業者から会社の創立10周年パーティーの記念品の置き時計の注文を受けたが、急にキャンセルされてしまったという。理由も分からず、創業者と連絡も取り次いでもらえず、途方に暮れる松川は、かつてクレーム処理を担当していた大和田の助言で、創業者の屋敷に張り付く。(「クレームの迷路」)

 居場所を失った大和田と彼を助ける男たちの反転攻勢を描く経済小説。

 (潮出版社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る