• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

識者も高評価 NHK初のスペインドラマ「情熱のシーラ」の魅力

 数多い連続ドラマの中で隠れたヒット作といえば、5月に終了した「ダウントン・アビー3 華麗なる英国貴族の館」(NHK)だった。日曜夜にハマっていたサラリーマンが多かったが、7日にスタートした後番組はさらに評判になっている。

 同局初のスペインドラマ「情熱のシーラ」。母子家庭で育てられたお針子の少女の波瀾万丈を描いた秀作で、アドリアーナ・ウガルダが演じる主人公のシーラは、後にナチスドイツの動きを探る英国のスパイになる。

 物語は戦前のマドリード。初回はシーラの少女時代から。年頃になり恋人ができ婚約するが、横恋慕してきた男に惑わされて愛欲生活を送り、突然現れた父親から大金をもらい、内戦間近のスペインからモロッコに渡るまで。次回は夫が借金取りに追われて失踪、シーラが妊娠するという展開だ。コラムニストの桧山珠美氏は絶賛する。

「あどけない女の子が恋に目覚めて変貌する様子がイキイキと描かれていて面白い。展開が早くて初回だけで浮気、婚約破棄、アフリカ行きと展開もスピーディー。ジェットコースターのような人生は一昔前にはやった『ハーレクインロマンス』のようです。韓国ドラマに夢中になっていた人たちは『シーラ』にハマりそうな予感がします。ドラマはオールロケで、スペインからモロッコを見た風景なども秀逸。それだけで観光気分を味わうこともできる。今後はスペイン内戦、第2次世界大戦と激動し、スパイになるというのも興味津々です」

 男性視聴者には、アドリアーナの濃くて魅惑的な表情もグッとくるし、ダイナミックな歴史ものとして見ることもできる。ますます設定が安っぽい日本のドラマがつまらなく思えてきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る