• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

瀕死の「月9」ドラマ 今や芸能事務所が“最も避けたい枠”に

 7月にスタートするフジテレビ系月9ドラマ「恋仲(仮題)」で俳優の福士蒼汰(21)が主演を務める。福士は初めての月9で、ゴールデンタイムの連ドラ主演も初。主演映画「ストロボ・エッジ」がヒットするなど、乗りに乗っているが、まだデビューからわずか4年にもかかわらず、ドラマ界の看板枠に大抜擢されたのはなぜか。

「もはや月9枠に昔のようなブランド力はない。フジといえば何をやっても視聴率が取れず崖っぷち。先ごろ、人事でも大ナタが振るわれ、番組に起用するタレントたちも大幅な若返りをはかろうとしています。その先鋒として福士が月9に起用された」(テレビ関係者)

 とはいえ、例年、7月クールのドラマは、仕事や食事などで視聴者の帰宅時間が遅くなる傾向も手伝ってかなかなか視聴率が伸びない。「人一倍視聴率を気にするキムタクは絶対に7月クールのドラマは避けていた」(芸能プロ関係者)という話もあるぐらいだが、今回、福士のドラマが当たっても外れても月9を取り巻く状況が厳しいことに変わりはないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る