瀕死の「月9」ドラマ 今や芸能事務所が“最も避けたい枠”に

公開日:  更新日:

 7月にスタートするフジテレビ系月9ドラマ「恋仲(仮題)」で俳優の福士蒼汰(21)が主演を務める。福士は初めての月9で、ゴールデンタイムの連ドラ主演も初。主演映画「ストロボ・エッジ」がヒットするなど、乗りに乗っているが、まだデビューからわずか4年にもかかわらず、ドラマ界の看板枠に大抜擢されたのはなぜか。

「もはや月9枠に昔のようなブランド力はない。フジといえば何をやっても視聴率が取れず崖っぷち。先ごろ、人事でも大ナタが振るわれ、番組に起用するタレントたちも大幅な若返りをはかろうとしています。その先鋒として福士が月9に起用された」(テレビ関係者)

 とはいえ、例年、7月クールのドラマは、仕事や食事などで視聴者の帰宅時間が遅くなる傾向も手伝ってかなかなか視聴率が伸びない。「人一倍視聴率を気にするキムタクは絶対に7月クールのドラマは避けていた」(芸能プロ関係者)という話もあるぐらいだが、今回、福士のドラマが当たっても外れても月9を取り巻く状況が厳しいことに変わりはないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る