• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米映画がハリポタ超え 「マミー・ポルノ」が女を虜にするワケ

 最近、一部の官能小説が主婦層に大人気で、新たに「マミー・ポルノ」というジャンルまで生まれている。その代表格が世界50カ国以上で翻訳され、1億部を超える大ベストセラー「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」。映画化され(写真=配給・東宝東和)、先月中旬、日米同時公開となったところ、女性たちが劇場に続々と足を運んでいる。

 同作はイギリスの主婦がネットに投稿し、話題になった小説で、30~40代の主婦を中心にファンが増殖。売り上げのスピードはあの「ハリー・ポッター」を抜いたとか。

 日刊ゲンダイ本紙女性記者も話題作を見に劇場に行ってみた。数十人の観客の9割が女性。女子大生のグループや、30代OLグループ、おひとりさま女子……カップルはわずかで、男性はほとんどいない。

 本編100分中、20分がセックスシーン。処女の女子大生が、学生新聞の取材で訪れた若きイケメン起業家と恋に落ち……というストーリーなのだが、その恋愛はSMが中心だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る