さだまさし自伝ドラマ「ちゃんぽん食べたか」好発進の要因は

公開日: 更新日:

 中高年から絶大な支持を集め、「視聴率男の異名を持つ」(テレビ関係者)というさだまさし(63)。自伝的小説を原作としたNHK土曜ドラマ「ちゃんぽん食べたか」(総合、21時~)でも底力を発揮している。

 5月30日の初回視聴率は5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ゴリゴリの社会派ドラマ「64(ロクヨン)」を放送し、平均視聴率3%台に終わった前作とは対照的に、幸先のいいスタートを切ったのだ。

 同作はバイオリニストを目指し、長崎から単身上京した“さだ少年”の青春ストーリー。原作者本人が自身のブログで、〈BSプレミアムドラマ史上最高視聴率だったって知ってた????〉とブッたまげるほど人気を博した「かすていら」(13年)の続編だ。

 初回を見たコラムニストの桧山珠美氏は、「今後に期待と好感の持てる内容」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る