• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

さだまさし自伝ドラマ「ちゃんぽん食べたか」好発進の要因は

 中高年から絶大な支持を集め、「視聴率男の異名を持つ」(テレビ関係者)というさだまさし(63)。自伝的小説を原作としたNHK土曜ドラマ「ちゃんぽん食べたか」(総合、21時~)でも底力を発揮している。

 5月30日の初回視聴率は5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ゴリゴリの社会派ドラマ「64(ロクヨン)」を放送し、平均視聴率3%台に終わった前作とは対照的に、幸先のいいスタートを切ったのだ。

 同作はバイオリニストを目指し、長崎から単身上京した“さだ少年”の青春ストーリー。原作者本人が自身のブログで、〈BSプレミアムドラマ史上最高視聴率だったって知ってた????〉とブッたまげるほど人気を博した「かすていら」(13年)の続編だ。

 初回を見たコラムニストの桧山珠美氏は、「今後に期待と好感の持てる内容」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る