日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

さだまさし自伝ドラマ「ちゃんぽん食べたか」好発進の要因は

 中高年から絶大な支持を集め、「視聴率男の異名を持つ」(テレビ関係者)というさだまさし(63)。自伝的小説を原作としたNHK土曜ドラマ「ちゃんぽん食べたか」(総合、21時~)でも底力を発揮している。

 5月30日の初回視聴率は5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ゴリゴリの社会派ドラマ「64(ロクヨン)」を放送し、平均視聴率3%台に終わった前作とは対照的に、幸先のいいスタートを切ったのだ。

 同作はバイオリニストを目指し、長崎から単身上京した“さだ少年”の青春ストーリー。原作者本人が自身のブログで、〈BSプレミアムドラマ史上最高視聴率だったって知ってた????〉とブッたまげるほど人気を博した「かすていら」(13年)の続編だ。

 初回を見たコラムニストの桧山珠美氏は、「今後に期待と好感の持てる内容」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事