• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

橋本マナミにデレデレも…石田純一“身の潔白”を切実アピール

 石田純一(61)が17日、「ハインツ大人むけのシークレットカフェ」(ロイヤルガーデンカフェ青山、22日まで)オープニング会見に出席。一部週刊誌で妻で第2子妊娠中の東尾理子(39)との不仲説が報じられたことについて、「大丈夫。ないです」とキッパリ否定した。

 報道によると、仕事と偽ってゴルフを楽しんだり、女性を交えた飲み会に内緒で参加していたことが発覚。理子が疑心暗鬼に陥っているというものだが、詰めかけた報道陣には「毎日自宅に帰ってますよ。(記事は)作られたものでしょう」と身の潔白をアピール。

 夫婦円満の秘訣について「悪くなくてもごめんなさい、何もなくてもありがとう。負けるが勝ちですよ」と冗舌に語った。

 90年代半ば、「不倫は文化」発言で物議を醸したのも遠い昔の話。家庭第一いい夫キャラに路線変更した現在は浮いた話は避けたいところだろう。が、やはり血が騒ぐのか。イベントでは共に登場したタレントの橋本マナミ(31)の胸の谷間にロックオン状態。舌の根も乾かぬうちに「聞きしに勝る色っぽさで……」とデレデレ。正直な男である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る