• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

家庭円満でオファー激減 「イベント王」石田純一“次の一手”

「今年に入ってイベントの仕事が激減し、だいぶ焦っているみたいなんです」(事情通)

 石田純一(60)の話。一昨年、東尾理子(38)との間に長男の理汰郎クンが誕生し、幸せいっぱいと思いきや、家庭円満の裏では“イベントタレント”としての価値が急落。一家のフトコロ事情を大いに揺るがす状況に陥っているという。

「私生活を切り売りしてきた人。結婚も出産も一段落した今、簡単にいえばネタ切れの状態なんです。イベント主催側としては、話題や時の人を呼んでひとつでも多くのメディアに取り上げてもらいたいわけですからね。石田さんの場合、イベントの出演料は1回約150万円。芸人のキンタロー。と同じくらいの金額ですが、長い芸歴を考えれば格段に単価が安い。しかも人柄がいいから、クライアント受けも悪くはないのですが…」(イベント関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る