家庭円満でオファー激減 「イベント王」石田純一“次の一手”

公開日:  更新日:

「今年に入ってイベントの仕事が激減し、だいぶ焦っているみたいなんです」(事情通)

 石田純一(60)の話。一昨年、東尾理子(38)との間に長男の理汰郎クンが誕生し、幸せいっぱいと思いきや、家庭円満の裏では“イベントタレント”としての価値が急落。一家のフトコロ事情を大いに揺るがす状況に陥っているという。

「私生活を切り売りしてきた人。結婚も出産も一段落した今、簡単にいえばネタ切れの状態なんです。イベント主催側としては、話題や時の人を呼んでひとつでも多くのメディアに取り上げてもらいたいわけですからね。石田さんの場合、イベントの出演料は1回約150万円。芸人のキンタロー。と同じくらいの金額ですが、長い芸歴を考えれば格段に単価が安い。しかも人柄がいいから、クライアント受けも悪くはないのですが…」(イベント関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る