小林麻耶がお色気路線に? 谷間くっきり写真の“今さら感”

公開日:  更新日:

 TBS時代のぶりっ子キャラに加え、最近は「婚活はあきらめた」などの自虐発言で“結婚できないキャラ”が定着したフリーアナウンサーの小林麻耶(36)が路線変更を図っている。

 小林は7日、自身の2016年版カレンダーのために撮った1枚をブログに投稿。「今までとは変えて、自分なりのセクシーショットを入れてみました」という写真は、腹ばいで上半身を起こし、カメラを見つめる小林。肩ひものない水玉のチューブトップからのぞく胸元は谷間くっきりで、グラビアアイドルさながらだ。

 小林と同じ芸能事務所「セントフォース」に所属している皆藤愛子(31)、牧野結美(25)、中田有紀(42)ら各アナも2016年版カレンダーを発売するが、谷間を強調しているのは小林のみ。気合いの入りようが違う。

 ファンは大喜びで、ブログのコメント欄には<麻耶ちゃん、こんなにセクシーだったっけ?><ずいぶん思い切りましたね。素晴らしいのひとことに尽きる><へそ出しルックにもチャレンジしてほしい>などと称賛の声が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る