• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上川隆也主演「沈まぬ太陽」7月9、10日に第1部を一挙放送

 日曜夜放送のWOWOW開局25周年記念・連続ドラマW「沈まぬ太陽」(原作・山崎豊子)を楽しみにしている読者も多いだろう。全20話のうち第1部第6話まで放送され、いよいよ佳境に入ってきたところだ。

 国民航空の元労組委員長の主人公・恩地元(上川隆也)は会社の度重なる懐柔策にも屈せず、パキスタンのカラチ、イランのテヘランに続いてケニアのナイロビへの左遷を通告され、海外の僻地勤務は10年に及ぼうとしている。一方、恩地と同期入社の行天四郎(渡部篤郎)はエリートコースの秘書課長に昇進。この間、国民航空は政界との癒着や社内の不正が横行し、安全運航はますますなおざりにされていった。

 そして、そんな会社の体質がついに航空機墜落事故を引き起こし、恩地の運命が大きく変わる。

 7月10日からの第2部(第9話~第20話)では、恩地は日本に呼び戻され、国民航空会長に就任した関西大物財界人のもとで会社の腐敗を徹底的に洗い出す任務に邁進するが……。

 ますます目が離せない「沈まぬ太陽」はWOWOWオンデマンドで過去の放送分が見られるほか、第2部のスタートを前に7月9日午後と10日午後に分けて第1部全8話が一挙放送される。

 キャッチアップのチャンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る