• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上川隆也主演「沈まぬ太陽」7月9、10日に第1部を一挙放送

 日曜夜放送のWOWOW開局25周年記念・連続ドラマW「沈まぬ太陽」(原作・山崎豊子)を楽しみにしている読者も多いだろう。全20話のうち第1部第6話まで放送され、いよいよ佳境に入ってきたところだ。

 国民航空の元労組委員長の主人公・恩地元(上川隆也)は会社の度重なる懐柔策にも屈せず、パキスタンのカラチ、イランのテヘランに続いてケニアのナイロビへの左遷を通告され、海外の僻地勤務は10年に及ぼうとしている。一方、恩地と同期入社の行天四郎(渡部篤郎)はエリートコースの秘書課長に昇進。この間、国民航空は政界との癒着や社内の不正が横行し、安全運航はますますなおざりにされていった。

 そして、そんな会社の体質がついに航空機墜落事故を引き起こし、恩地の運命が大きく変わる。

 7月10日からの第2部(第9話~第20話)では、恩地は日本に呼び戻され、国民航空会長に就任した関西大物財界人のもとで会社の腐敗を徹底的に洗い出す任務に邁進するが……。

 ますます目が離せない「沈まぬ太陽」はWOWOWオンデマンドで過去の放送分が見られるほか、第2部のスタートを前に7月9日午後と10日午後に分けて第1部全8話が一挙放送される。

 キャッチアップのチャンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る