初ドラマ化「沈まぬ太陽」 上川隆也は渡辺謙を超えるか

公開日: 更新日:

 作家山崎豊子の社会派長編小説「沈まぬ太陽」がWOWOW制作で初のテレビドラマ化だ。

 主人公の恩地元役に挑むのは、日本を代表する実力派俳優のひとりである上川隆也(50)。活動の場が舞台中心でまだ世間的には無名だった上川が、同じく山崎原作のドラマ「大地の子」(95年、NHK)で主演に大抜擢され、人気役者としての礎を築いたのは広く知られるところ。

 いわば、山崎作品の申し子だが、20日に行われた「連続ドラマW 沈まぬ太陽」完成披露試写会では20年ぶりに挑む山崎作品の主演について神妙な面持ちでこう語った。

「恩地元という男はどこにでもいるような等身大の人物。だからこそ演じていて難しいが、醍醐味を感じる。とても演じ甲斐がある役に巡り合えました」

 原作は累計発行部数700万部を超える大ベストセラーにして、数多い山崎作品の中でも唯一テレビドラマ化されていなかった。その理由のひとつは、85年に御巣鷹山で起こった日航機墜落事故をモデルにしているといわれるため航空会社の撮影協力も仰げず、映像化は極めて困難とされていたためだ。09年に渡辺謙(56)主演で映画化された際も各方面に物議を醸し、空港シーンは海外で撮影するなどロケ現場ひとつとっても難航したのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る