初ドラマ化「沈まぬ太陽」 上川隆也は渡辺謙を超えるか

公開日:  更新日:

 作家山崎豊子の社会派長編小説「沈まぬ太陽」がWOWOW制作で初のテレビドラマ化だ。

 主人公の恩地元役に挑むのは、日本を代表する実力派俳優のひとりである上川隆也(50)。活動の場が舞台中心でまだ世間的には無名だった上川が、同じく山崎原作のドラマ「大地の子」(95年、NHK)で主演に大抜擢され、人気役者としての礎を築いたのは広く知られるところ。

 いわば、山崎作品の申し子だが、20日に行われた「連続ドラマW 沈まぬ太陽」完成披露試写会では20年ぶりに挑む山崎作品の主演について神妙な面持ちでこう語った。

「恩地元という男はどこにでもいるような等身大の人物。だからこそ演じていて難しいが、醍醐味を感じる。とても演じ甲斐がある役に巡り合えました」

 原作は累計発行部数700万部を超える大ベストセラーにして、数多い山崎作品の中でも唯一テレビドラマ化されていなかった。その理由のひとつは、85年に御巣鷹山で起こった日航機墜落事故をモデルにしているといわれるため航空会社の撮影協力も仰げず、映像化は極めて困難とされていたためだ。09年に渡辺謙(56)主演で映画化された際も各方面に物議を醸し、空港シーンは海外で撮影するなどロケ現場ひとつとっても難航したのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る