• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「とと姉」で名編集者役 唐沢寿明の“オカッパ頭”拝める?

 後半戦に突入しているNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」が、ついに“最大の見せ場”を迎えている。

 高畑充希(24)演じるヒロインの小橋常子は、戦後100万部近くの販売数で一世を風靡した生活総合誌「暮しの手帖」の創刊者である大橋鎭子女史がモデル。

 今週(第15週)は雑誌「あなたの暮し」の出版に向け、海千山千の名編集者であった花山伊佐次(唐沢寿明=53)を編集長として招へいするべく、ラブコールを送るところが描かれるのだ。

「花山さんを口説きに行くシーンの撮影時間は360分と台本に書いてあって(苦笑い)。常子は自分が何をやりたいのか熱弁するのですが、とても印象深いですね」

 8日に行われた取材会で、しみじみと振り返った高畑。実際の撮影は6時間もかからなかったそうだが、見どころのひとつではあるだろう。が、日刊ゲンダイはそれ以上にかねて注目していたことがある。ズバリ、唐沢の衣装とカツラだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る