「とと姉」で名編集者役 唐沢寿明の“オカッパ頭”拝める?

公開日: 更新日:

 後半戦に突入しているNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」が、ついに“最大の見せ場”を迎えている。

 高畑充希(24)演じるヒロインの小橋常子は、戦後100万部近くの販売数で一世を風靡した生活総合誌「暮しの手帖」の創刊者である大橋鎭子女史がモデル。

 今週(第15週)は雑誌「あなたの暮し」の出版に向け、海千山千の名編集者であった花山伊佐次(唐沢寿明=53)を編集長として招へいするべく、ラブコールを送るところが描かれるのだ。

「花山さんを口説きに行くシーンの撮影時間は360分と台本に書いてあって(苦笑い)。常子は自分が何をやりたいのか熱弁するのですが、とても印象深いですね」

 8日に行われた取材会で、しみじみと振り返った高畑。実際の撮影は6時間もかからなかったそうだが、見どころのひとつではあるだろう。が、日刊ゲンダイはそれ以上にかねて注目していたことがある。ズバリ、唐沢の衣装とカツラだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る