「とと姉」で名編集者役 唐沢寿明の“オカッパ頭”拝める?

公開日: 更新日:

 後半戦に突入しているNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」が、ついに“最大の見せ場”を迎えている。

 高畑充希(24)演じるヒロインの小橋常子は、戦後100万部近くの販売数で一世を風靡した生活総合誌「暮しの手帖」の創刊者である大橋鎭子女史がモデル。

 今週(第15週)は雑誌「あなたの暮し」の出版に向け、海千山千の名編集者であった花山伊佐次(唐沢寿明=53)を編集長として招へいするべく、ラブコールを送るところが描かれるのだ。

「花山さんを口説きに行くシーンの撮影時間は360分と台本に書いてあって(苦笑い)。常子は自分が何をやりたいのか熱弁するのですが、とても印象深いですね」

 8日に行われた取材会で、しみじみと振り返った高畑。実際の撮影は6時間もかからなかったそうだが、見どころのひとつではあるだろう。が、日刊ゲンダイはそれ以上にかねて注目していたことがある。ズバリ、唐沢の衣装とカツラだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る