日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子ども望まなかった山口智子 “一片の後悔もない”発言の真意

 ここまでさらけ出したのは初めてじゃないか。女優の山口智子(51)が発売中の女性誌「FRaU」(講談社)3月号で自身の人生観を赤裸々告白。1万字スペシャルインタビューと題した企画で幼少期、結婚、仕事、コンプレックスなどについて語っているのだ。

 原稿用紙25枚に相当する膨大な分量でつづられた“山口智子論”の一番の読みどころは、ずばり、子供について。31歳の時に結婚した夫・唐沢寿明(52)とはおしどり夫婦と称される一方で子供がいない。「ロングバケーション」(96年)の大ヒットでトレンディードラマに山口アリと言わしめるも、突然、第一線から退き“専業主婦”になったことでいつママになっても不思議ではないと思われていた。

 それだけにつくらなかったのか、できなかったのか、実は不仲なのか……と事あるごとにさまざまな臆測が飛び交ったが、今回、〈私は、子供のいる人生じゃない人生がいい〉とキッパリと答えているのだ。続けて、その選択は最初から決めていたことなのかと問われると〈子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも、一片の後悔もないです〉――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事