「とと姉ちゃん」に再登場 “綾サン”阿部純子の意外な過去

公開日:  更新日:

 戦争の描き方が陳腐といった不満の声をかき消すかのように、第14週のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」に再登板した女優が抜群の存在感を発揮している。常子(高畑充希)の女学校時代の親友・中田綾サンを演じる阿部純子(23)だ。

 4週目の初登場以来、実に2カ月半ぶり。常子の追試の勉強に救いの手を差し伸べた名家の聡明な令嬢だったが、今回も主人公の人生に大きな影響を与える。夫が戦死し、実母と息子を抱える未亡人となった綾サンの姿に触発され、とと姉ちゃんは女性向けの新雑誌の創刊を決意するからだ。

 綾サンのモデルは実在し、大橋鎮子女史の東京府立第六高等女学校(現・都立三田高)時代の学友だった人物で、のちに「美しい暮しの手帖」の編集にも携わった中野家子さん。阿部自身も地元・大阪の名門校「北野高校」出身で現役の慶大生だが、幼少期から優等生だったという。阪急百貨店の広告モデルやティーン誌のモデルを経て、広く知られる存在になったのは、河瀬直美監督のカンヌ出品作「2つ目の窓」(14年)のヒロイン役。それにしても“2つ目”の女優と阿部が、同一人物だったとは……。見た目と雰囲気がまるで違うし、映画出演時は「吉永淳」という芸名だったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る