• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「とと姉ちゃん」に再登場 “綾サン”阿部純子の意外な過去

 戦争の描き方が陳腐といった不満の声をかき消すかのように、第14週のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」に再登板した女優が抜群の存在感を発揮している。常子(高畑充希)の女学校時代の親友・中田綾サンを演じる阿部純子(23)だ。

 4週目の初登場以来、実に2カ月半ぶり。常子の追試の勉強に救いの手を差し伸べた名家の聡明な令嬢だったが、今回も主人公の人生に大きな影響を与える。夫が戦死し、実母と息子を抱える未亡人となった綾サンの姿に触発され、とと姉ちゃんは女性向けの新雑誌の創刊を決意するからだ。

 綾サンのモデルは実在し、大橋鎮子女史の東京府立第六高等女学校(現・都立三田高)時代の学友だった人物で、のちに「美しい暮しの手帖」の編集にも携わった中野家子さん。阿部自身も地元・大阪の名門校「北野高校」出身で現役の慶大生だが、幼少期から優等生だったという。阪急百貨店の広告モデルやティーン誌のモデルを経て、広く知られる存在になったのは、河瀬直美監督のカンヌ出品作「2つ目の窓」(14年)のヒロイン役。それにしても“2つ目”の女優と阿部が、同一人物だったとは……。見た目と雰囲気がまるで違うし、映画出演時は「吉永淳」という芸名だったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る