• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「とと姉ちゃん」最大の難関 唐沢寿明は花森にどう変身?

「この好調がいつまで続くやら」「あの人の衣装でつまずいたら台無しだね」――テレビ関係者がNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」について心配している。

「とと姉ちゃん」は熊本地震の影響で放送休止にした16日分を18日に2話つづけて放送したが、いずれも20%超えを果たすなど、相変わらず高視聴率を維持している。しかし、関係者によると、今後“最大の難関”が待ち受けているという。

「花森安治氏をモデルとした花山伊佐次の衣装のことです。言うまでもなく『とと姉ちゃん』は昭和23年に創刊された雑誌『暮しの手帖』の社長・大橋鎮子氏をモデルとしたドラマで、今後は同誌編集長を務めた花森安治氏も重要な位置を占めてくる。この花森氏というのが変わった人で、普段はオカッパ頭にスカート姿で通していたという反骨の天才編集者なのです。その奇矯ぶりを表すためにはオカッパとスカートは欠かせませんが、一歩間違うと、ドタバタギャグになりかねないだけに周囲は興味津々です」(前出のテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る