「とと姉ちゃん」最大の難関 唐沢寿明は花森にどう変身?

公開日: 更新日:

「この好調がいつまで続くやら」「あの人の衣装でつまずいたら台無しだね」――テレビ関係者がNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」について心配している。

「とと姉ちゃん」は熊本地震の影響で放送休止にした16日分を18日に2話つづけて放送したが、いずれも20%超えを果たすなど、相変わらず高視聴率を維持している。しかし、関係者によると、今後“最大の難関”が待ち受けているという。

「花森安治氏をモデルとした花山伊佐次の衣装のことです。言うまでもなく『とと姉ちゃん』は昭和23年に創刊された雑誌『暮しの手帖』の社長・大橋鎮子氏をモデルとしたドラマで、今後は同誌編集長を務めた花森安治氏も重要な位置を占めてくる。この花森氏というのが変わった人で、普段はオカッパ頭にスカート姿で通していたという反骨の天才編集者なのです。その奇矯ぶりを表すためにはオカッパとスカートは欠かせませんが、一歩間違うと、ドタバタギャグになりかねないだけに周囲は興味津々です」(前出のテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る