「とと姉ちゃん」最大の難関 唐沢寿明は花森にどう変身?

公開日:  更新日:

「この好調がいつまで続くやら」「あの人の衣装でつまずいたら台無しだね」――テレビ関係者がNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」について心配している。

「とと姉ちゃん」は熊本地震の影響で放送休止にした16日分を18日に2話つづけて放送したが、いずれも20%超えを果たすなど、相変わらず高視聴率を維持している。しかし、関係者によると、今後“最大の難関”が待ち受けているという。

「花森安治氏をモデルとした花山伊佐次の衣装のことです。言うまでもなく『とと姉ちゃん』は昭和23年に創刊された雑誌『暮しの手帖』の社長・大橋鎮子氏をモデルとしたドラマで、今後は同誌編集長を務めた花森安治氏も重要な位置を占めてくる。この花森氏というのが変わった人で、普段はオカッパ頭にスカート姿で通していたという反骨の天才編集者なのです。その奇矯ぶりを表すためにはオカッパとスカートは欠かせませんが、一歩間違うと、ドタバタギャグになりかねないだけに周囲は興味津々です」(前出のテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る