2番手も主役もOK 高畑充希の快進撃を支える“三枚目”路線

公開日: 更新日:

 11日、NTTドコモ「2016夏 新サービス・新商品発表会」に出席した高畑充希(24)。

 同席した綾野剛(34)と高畑は新機種に搭載された「スグ電」機能を使って同社の加藤社長に電話をかけるスピードで対決した。今まで通り電話帳検索で電話をかけた高畑に対し、「スグ電」を使用した綾野が圧勝。高畑は「勝てるわけないですよ。しかも、フェイントで『加藤課長』とか『加藤係長』とかが入っていた」と悔しそうに笑った。

 CMもさることながら、テレビで見ない日がない高畑。なんといってもNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロインとして“朝の顔”を務めている。朝ドラブームは続いており、「とと姉ちゃん」も絶好調。初回は22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)で今世紀2番目の高視聴率となった。さらに、先月27日放送回は自己最高の24.6%を記録。苦戦の予想を覆したヒロイン・高畑の魅力とは何なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  4. 4

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  5. 5

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  9. 9

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る