国民的美少女・井本彩花の決意 「女優が明確な目標に」

公開日:

「お着物は七五三以来です!」と、くるりと一回転。はじけるような笑顔を見せたのは井本彩花、14歳。2017年は人生が一変する大きな出来事が少女に訪れた。

 8月に開催された第15回全日本国民的美少女コンテスト。女優の米倉涼子や上戸彩、武井咲、橋本マナミらを輩出してきた芸能界の“登竜門”に出場し、応募総数8万150通の中から見事グランプリを獲得。一夜にしてシンデレラガールとなったのだ。

「グランプリの瞬間は頭が真っ白で何も覚えてません……。家族ももうビックリで。でも、将来は女優になるんだという夢が明確な目標になりました。いまは演技とダンスとウオーキングのレッスンを受けています。米倉さん主演の『ドクターX』にも出演させていただけましたし、本当に素晴らしい一年になりました。いま、身長163センチなんですけどまだまだ大きくなってます。期待してくださいね!」とほほ笑んだ井本。

 グランプリ獲得からたった4カ月でこんなに大人びた表情を見せるようになるとは、少女の一日はただの一日にあらず。18年が楽しみな逸材である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る