• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国民的美少女・井本彩花の決意 「女優が明確な目標に」

「お着物は七五三以来です!」と、くるりと一回転。はじけるような笑顔を見せたのは井本彩花、14歳。2017年は人生が一変する大きな出来事が少女に訪れた。

 8月に開催された第15回全日本国民的美少女コンテスト。女優の米倉涼子や上戸彩、武井咲、橋本マナミらを輩出してきた芸能界の“登竜門”に出場し、応募総数8万150通の中から見事グランプリを獲得。一夜にしてシンデレラガールとなったのだ。

「グランプリの瞬間は頭が真っ白で何も覚えてません……。家族ももうビックリで。でも、将来は女優になるんだという夢が明確な目標になりました。いまは演技とダンスとウオーキングのレッスンを受けています。米倉さん主演の『ドクターX』にも出演させていただけましたし、本当に素晴らしい一年になりました。いま、身長163センチなんですけどまだまだ大きくなってます。期待してくださいね!」とほほ笑んだ井本。

 グランプリ獲得からたった4カ月でこんなに大人びた表情を見せるようになるとは、少女の一日はただの一日にあらず。18年が楽しみな逸材である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る