日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豚スペアリブの南蛮漬け(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

 甘酸っぱくてさっぱりした南蛮漬けは、食欲が落ちてくる梅雨から夏にかけてぴったりのメニュー。定番はアジだが、男なら豚のスペアリブで。カリッと香ばしく揚げ焼きにするとジューシーでうま味も濃くなる。

「ポイントはきちんと計量した塩で下味をつけることと、油が低温のうちから肉を入れて揚げ焼きにすること。そうすると、肉の表面が程よく色づいたときには、中までちゃんと火が入っています」と和知さん。

 ボリューム感はあるがさっぱりだから、酒のつまみにもご飯のおかずにもなる。さらには、「骨をはずして、そのままソーメンにかけてもおいしいですよ」。

 ぜひお試しを。

■材料(4人分)
豚スペアリブ500グラム/塩6グラム/こしょう適量/小麦粉適量/サラダ油300ミリリットル/イタリアンパセリ適量/玉ねぎ1個/ニンジン1/2本/ニンニク2片/赤唐辛子2本/オリーブ10粒/米酢300ミリリットル/グラニュー糖大さじ5

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事