回鍋肉(教える人:吉田勝彦さん「ジーテン」)

公開日:  更新日:

 春キャベツがおいしい季節だ。中華料理でキャベツといえば「ホイコーロー」だが、中国では肉の臭み消しに葉にんにくを使うのが正式で、いったん茹でた肉を鍋に戻して炒めることから「回鍋肉」と書く。つまり、野菜料理ではなく肉を食べる料理だが、近ごろは本場中国も日本の影響で、肉より野菜をたっぷり使うようになったとか。

 というわけで、吉田さんのホイコーローもキャベツが主役。

「キャベツ以外の野菜は弱火で炒めてゆっくり香りを出すのがポイントです。本来は味つけに甜麺醤を使いますが、春キャベツは甘味があるので豆板醤と醤油、お酒と少しの砂糖のみ。軟らかくて味もしみやすいので、最後に加えて中火で手早く炒めれば、キャベツもシャキシャキです」

■材料(2人分)
豚バラ肉(スライス)120グラム/キャベツ1/4個(120グラム)/エリンギ(大)1/2個(50グラム)/ピーマン1個/わけぎ2本/にんにく1片/サラダ油大さじ1

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る