• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子羊とキャベツの味噌炒め(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

 空前の肉ブームで、近ごろのスーパーの肉売り場にはさまざまな種類の肉が並び、実に賑やか。そのなかでもお馴染みの鶏、豚、牛に迫る勢いで存在感を増してきているのが子羊。気になっている人も多いのではないだろうか。

 というわけで、「子羊は味噌と相性がいいので」と豚肉の代わりにキャベツと味噌炒めにした回鍋肉(ホイコーロー)の子羊バージョンをご紹介。

「子羊は片面だけ焼き色をつけ、あとは野菜と一緒に蒸し焼きにすると、軟らかさと香ばしさの両方が実現します」と和知さん。水を一切加えていないので、野菜のうま味もギューッと凝縮。キャベツに圧倒的な存在感があるのは、ひと口大ではなく、あえて大胆に切ったから。切り方ひとつで料理の仕上がりは大きく変わる。

■材料(4人分)
 ラム肉(塊)300グラム/キャベツの葉4枚/タマネギ1個/ニンニク1片/赤唐辛子2本/塩適量/こしょう適量/バター30グラム/クミンパウダー適量/オリーブオイル大さじ1/白味噌大さじ1/タイム2枝/黒糖大さじ1

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る