同時テロから5カ月 GW前に知っておきたい「パリの現在」

公開日: 更新日:

 ブリュッセルでのテロ事件で今、すっかり影を潜めた感のあるパリだが、2月末に市長が訪日していた。テロの影響で、日本人観光客が減ったため、PRに来ていたのだ。同時多発発生テロから約5カ月。GW前だから知っておきたい。今、パリはどうなっている?

■「日本人は極端に少ない」

「まだ今の時期も例年に比べると少ないですよ。復活祭前後の春休みシーズンなので、近隣諸国や米国などからは来ていますが、日本人は昨年末から極端に少ないですね」

 パリ市内で会社員として働く在仏16年のYさん(52歳)は言う。バブルの頃は長蛇の列で、3時間待ちも当たり前だったシャンゼリゼ通りのブランドショップも、今やスムーズに入れる。店内は、爆買いする中国人客ばかりだ。

「日本人観光客は他のヨーロッパ諸国には行っているんです。ヨーロッパはどこも同じ状態なのに、なぜフランスだけが危ないと思うのか不思議ですね」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る