同時テロから5カ月 GW前に知っておきたい「パリの現在」

公開日:  更新日:

 ブリュッセルでのテロ事件で今、すっかり影を潜めた感のあるパリだが、2月末に市長が訪日していた。テロの影響で、日本人観光客が減ったため、PRに来ていたのだ。同時多発発生テロから約5カ月。GW前だから知っておきたい。今、パリはどうなっている?

■「日本人は極端に少ない」

「まだ今の時期も例年に比べると少ないですよ。復活祭前後の春休みシーズンなので、近隣諸国や米国などからは来ていますが、日本人は昨年末から極端に少ないですね」

 パリ市内で会社員として働く在仏16年のYさん(52歳)は言う。バブルの頃は長蛇の列で、3時間待ちも当たり前だったシャンゼリゼ通りのブランドショップも、今やスムーズに入れる。店内は、爆買いする中国人客ばかりだ。

「日本人観光客は他のヨーロッパ諸国には行っているんです。ヨーロッパはどこも同じ状態なのに、なぜフランスだけが危ないと思うのか不思議ですね」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る