同時テロから5カ月 GW前に知っておきたい「パリの現在」

公開日: 更新日:

 ブリュッセルでのテロ事件で今、すっかり影を潜めた感のあるパリだが、2月末に市長が訪日していた。テロの影響で、日本人観光客が減ったため、PRに来ていたのだ。同時多発発生テロから約5カ月。GW前だから知っておきたい。今、パリはどうなっている?

■「日本人は極端に少ない」

「まだ今の時期も例年に比べると少ないですよ。復活祭前後の春休みシーズンなので、近隣諸国や米国などからは来ていますが、日本人は昨年末から極端に少ないですね」

 パリ市内で会社員として働く在仏16年のYさん(52歳)は言う。バブルの頃は長蛇の列で、3時間待ちも当たり前だったシャンゼリゼ通りのブランドショップも、今やスムーズに入れる。店内は、爆買いする中国人客ばかりだ。

「日本人観光客は他のヨーロッパ諸国には行っているんです。ヨーロッパはどこも同じ状態なのに、なぜフランスだけが危ないと思うのか不思議ですね」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  4. 4

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  5. 5

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る