同時テロから5カ月 GW前に知っておきたい「パリの現在」

公開日:  更新日:

 ブリュッセルでのテロ事件で今、すっかり影を潜めた感のあるパリだが、2月末に市長が訪日していた。テロの影響で、日本人観光客が減ったため、PRに来ていたのだ。同時多発発生テロから約5カ月。GW前だから知っておきたい。今、パリはどうなっている?

■「日本人は極端に少ない」

「まだ今の時期も例年に比べると少ないですよ。復活祭前後の春休みシーズンなので、近隣諸国や米国などからは来ていますが、日本人は昨年末から極端に少ないですね」

 パリ市内で会社員として働く在仏16年のYさん(52歳)は言う。バブルの頃は長蛇の列で、3時間待ちも当たり前だったシャンゼリゼ通りのブランドショップも、今やスムーズに入れる。店内は、爆買いする中国人客ばかりだ。

「日本人観光客は他のヨーロッパ諸国には行っているんです。ヨーロッパはどこも同じ状態なのに、なぜフランスだけが危ないと思うのか不思議ですね」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る