ベルギーテロが物語る 警戒レベル最高でも脅威は防げない

公開日:  更新日:

 現地時間の22日午前、ベルギー・ブリュッセルの空港と地下鉄駅で起きた連続テロ。ベルギー公共放送によると、空港で14人、地下鉄で20人の計34人が死亡した。重傷者を含め230人以上が負傷している。

 ベルギー検察は、空港での爆発について「自爆テロ」との見方を示し、出発ロビーの監視カメラで撮影された映像に男の容疑者3人が写っており、2人が自爆したとみられるとしている。警察はもう1人の行方を追い、写真を公開して情報提供を求めている。

 この連続テロについて、イスラム国(IS)を名乗る組織がインターネット上に犯行を認める声明を出した。

 テロ発生を受け、ベルギー政府は、すぐに警戒レベルを最高の4に引き上げた。昨年11月13日にフランス・パリでテロが起きた後、ブリュッセルのテロ警戒レベルは直近まで3に引き下げられてはいたが、警戒態勢は解いていなかった。それでもテロを防ぐことはできなかった。軍事ジャーナリストの神浦元彰氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る