仏テロ背景の移民問題を浮き彫り 映画「サンバ」の出来ばえ

公開日:  更新日:

 仏パリで起きた連続テロ事件が世界を震撼させている。アルジェリア移民の子として生まれ育った兄弟が犯行グループに含まれていたことから、欧州では移民排斥運動にも火が付いている状況だ。

 移民と現地労働者の対立自体は今に始まったことではない。「マダム・マロリーと魔法のスパイス」(14年、米ほか)、「バンクーバーの朝日」(14年、日)など、ここ2カ月ほどでも移民ネタの映画が立て続けに公開されるなど、急激にこの問題に関心が集まっている空気は映画界にも伝わってきていた。そうした流れの極め付きが「サンバ」(14年、仏=公開中)だ。

 アフリカのセネガルから渡仏して10年間、レストランで真面目に下働きを続けてきたサンバ(オマール・シー)は、ささいなミスからビザの更新期限を切らしてしまう。無情にも国外退去処分を受けた彼は、移民対策ボランティアのアリス(シャルロット・ゲンズブール)の協力と、持ち前の前向きな性格で解決に努力するが、事態はそんな2人をあざ笑うかのように悪化の一途をたどるのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る