仏テロ背景の移民問題を浮き彫り 映画「サンバ」の出来ばえ

公開日:  更新日:

 仏パリで起きた連続テロ事件が世界を震撼させている。アルジェリア移民の子として生まれ育った兄弟が犯行グループに含まれていたことから、欧州では移民排斥運動にも火が付いている状況だ。

 移民と現地労働者の対立自体は今に始まったことではない。「マダム・マロリーと魔法のスパイス」(14年、米ほか)、「バンクーバーの朝日」(14年、日)など、ここ2カ月ほどでも移民ネタの映画が立て続けに公開されるなど、急激にこの問題に関心が集まっている空気は映画界にも伝わってきていた。そうした流れの極め付きが「サンバ」(14年、仏=公開中)だ。

 アフリカのセネガルから渡仏して10年間、レストランで真面目に下働きを続けてきたサンバ(オマール・シー)は、ささいなミスからビザの更新期限を切らしてしまう。無情にも国外退去処分を受けた彼は、移民対策ボランティアのアリス(シャルロット・ゲンズブール)の協力と、持ち前の前向きな性格で解決に努力するが、事態はそんな2人をあざ笑うかのように悪化の一途をたどるのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る