• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テロ活動活発化の欧州で日本人が狙われやすい理由

「ヨーロッパでは現在、イスラム国シンパによるテロ活動が活発化しています。最もシンパが多いのがフランスで、地元治安当局が把握しているだけで数千人規模。次いでイギリス、ドイツ、スウェーデンが続きます。いずれも移民が多い国で、アラブ系移民の2世が“イスラム国ブーム”に乗ってテロ活動を行っています」

 こう言うのは、イスラム事情に詳しいジャーナリストの黒井文太郎氏。テロで狙われるのは、地下鉄や空港、高速鉄道、繁華街やキリスト教会などだ。

「彼らの狙いは非イスラム教徒です。そのため、欧米人だけではなく、一見して非イスラム教徒であることがわかる日本人や中国人もターゲットになりやすい」

 ただし、現地で起こっている実際のテロ事件の多くが小規模な通り魔的犯行だ。欧州全体に重大な脅威が広まっているわけではないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る