• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テロ活動活発化の欧州で日本人が狙われやすい理由

「ヨーロッパでは現在、イスラム国シンパによるテロ活動が活発化しています。最もシンパが多いのがフランスで、地元治安当局が把握しているだけで数千人規模。次いでイギリス、ドイツ、スウェーデンが続きます。いずれも移民が多い国で、アラブ系移民の2世が“イスラム国ブーム”に乗ってテロ活動を行っています」

 こう言うのは、イスラム事情に詳しいジャーナリストの黒井文太郎氏。テロで狙われるのは、地下鉄や空港、高速鉄道、繁華街やキリスト教会などだ。

「彼らの狙いは非イスラム教徒です。そのため、欧米人だけではなく、一見して非イスラム教徒であることがわかる日本人や中国人もターゲットになりやすい」

 ただし、現地で起こっている実際のテロ事件の多くが小規模な通り魔的犯行だ。欧州全体に重大な脅威が広まっているわけではないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る