テロ活動活発化の欧州で日本人が狙われやすい理由

公開日:  更新日:

「ヨーロッパでは現在、イスラム国シンパによるテロ活動が活発化しています。最もシンパが多いのがフランスで、地元治安当局が把握しているだけで数千人規模。次いでイギリス、ドイツ、スウェーデンが続きます。いずれも移民が多い国で、アラブ系移民の2世が“イスラム国ブーム”に乗ってテロ活動を行っています」

 こう言うのは、イスラム事情に詳しいジャーナリストの黒井文太郎氏。テロで狙われるのは、地下鉄や空港、高速鉄道、繁華街やキリスト教会などだ。

「彼らの狙いは非イスラム教徒です。そのため、欧米人だけではなく、一見して非イスラム教徒であることがわかる日本人や中国人もターゲットになりやすい」

 ただし、現地で起こっている実際のテロ事件の多くが小規模な通り魔的犯行だ。欧州全体に重大な脅威が広まっているわけではないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る