テロ活動活発化の欧州で日本人が狙われやすい理由

公開日: 更新日:

「ヨーロッパでは現在、イスラム国シンパによるテロ活動が活発化しています。最もシンパが多いのがフランスで、地元治安当局が把握しているだけで数千人規模。次いでイギリス、ドイツ、スウェーデンが続きます。いずれも移民が多い国で、アラブ系移民の2世が“イスラム国ブーム”に乗ってテロ活動を行っています」

 こう言うのは、イスラム事情に詳しいジャーナリストの黒井文太郎氏。テロで狙われるのは、地下鉄や空港、高速鉄道、繁華街やキリスト教会などだ。

「彼らの狙いは非イスラム教徒です。そのため、欧米人だけではなく、一見して非イスラム教徒であることがわかる日本人や中国人もターゲットになりやすい」

 ただし、現地で起こっている実際のテロ事件の多くが小規模な通り魔的犯行だ。欧州全体に重大な脅威が広まっているわけではないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  2. 2

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  3. 3

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  4. 4

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  5. 5

    甲子園交流戦は情実てんこ盛り 全生中継するNHKへの疑問

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  8. 8

    国民民主は分裂…玉木氏と行動を共にする衆院議員は3人?

  9. 9

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  10. 10

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

もっと見る