周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年に私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院卒業。週刊誌上で中国事情について執筆するほか、情報番組やバラエティー番組にも出演。通訳・翻訳の派遣会社を経営する傍ら、ジャーナリスト、タレント、ユーチューバー(「地球ジャーナル ゆあチャン」)としても活動。

中国人犯罪者の口を割らせるには「ヒマワリの種」がいい

公開日: 更新日:

 取調室と言えば「カツ丼」。日本の刑事ドラマでは鉄板ネタ。刑事が出前のカツ丼を注文し、容疑者に食べさせ、最後に容疑者が完落ち……そんな話はフィクションで、法改正の現在は取り調べの際に食べ物を出すことは禁止。現役のキャリア刑事に聞くと、食べ物を出すことは「自白を誘導する」という行為にあたるため、カツ丼どころか、おにぎりやパン、そして取調官がよく武器にしていた、たばこなどの嗜好品も禁止されているそうだ。

 1990年代はそうではなかった。少なくとも中国人の容疑者を落とす時、ドラマや映画でいう定番の道具はバラエティーに富んでいた。私が担当していた数々の取り調べの現場では、中国人の容疑者たちと対峙して、時には厳しく問い詰めたり、時には容疑者のわがままを聞いてあげたりすることもあった。例えば、缶コーヒーなど冷たい飲み物が出された時に、温かい白湯を要求したりして。

 南関東で広域事務所荒らしの中国東北出身の窃盗団一味がいた。深夜に国道1号沿いの事務所に侵入、バールなどの道具で金庫をこじ開けるという手荒な犯行を繰り返していた。警視庁と、神奈川、静岡、愛知などの県警で合同捜査本部を立ち上げ、窃盗団の逮捕に当たった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  2. 2
    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

  3. 3
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  4. 4
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

  5. 5
    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

  1. 6
    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

  2. 7
    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

  3. 8
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 9
    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

  5. 10
    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり

    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり